不動産を売る。なんて、一生に1,2度あるかないかですから、詳しい人はほとんどいません。その為、不動産の売買に詳しい【不動産屋】という商売が成り立っています。しかし、不動産業界の実態はというと【売上至上主義】の会社が結構多いんです。もちろん企業として売上が大事なのは当たり前なんですが、【信義誠実を旨とする】という言葉を忘れている会社や、営業マンが多いんです。何とかしたいんですが、何とかなっていません。ほんと、AIと仕事したほうがいいんじゃないか。と思う今日この頃です。
一生に一度あるか無いかの【不動産売却】で、絶対失敗なんてしたくはないですよね。大手不動産会社に頼むのが良いとは言えません。とにかくNETで検索して、その地域で信頼できる不動産会社を探しましょう。大手の中にもはずれはたくさんありますので、注意してください。

不動産会社社員が不動産投資で失敗しているケースは少ないです。それは、不動産取引や相場には詳しいので、投資に向いている物件かそうでないかを自分で判断できる人が多いからです。相談できる優秀な社員も周りにたくさんいますからね。 まあ、「餅は餅屋、蛇の道は蛇」ということなんでしょう。同じ事は金融機関や証券会社、保険会社、美術商などにも言えます。自分の知らないフィールドでいきなり投資や副業するのは無謀です。やるならしっかり知識を得てからやりましょう。
住宅ローンは絶対に滞納してはいけません。「1回や2回ならいいでしょ。」なんて声が聞こえてきそうですが、住宅ローンは口座引き落としですから、これが支払えないという時点でもうかなり苦しい状況になっているんです。 今回は、他のローンや固定資産税は滞納しても、住宅ローンはちゃんと支払っていた事で、生活をうまく立て直す事が出来た例をお話しします。

横浜市内の中古ワンルームマンションは、基本的に売れるまで時間がかかります。売る場合空き家のままでも意外と売れるの知ってますか? 今回は、未来堂にたまに相談のあるワンルームの売り方について最新の事例を参考にしてお話しします。
「お宅の屋根が傷んでいます」 「このままでは大変なことになる」 「見積もりを取ります」 「費用は保険で全部おります」 「いま屋根に上ってみたらこんな事になってました」 これ、全部詐欺の常套句です。 なんと先月、横浜市内の私の実家にも現れたんです。屋根修理詐欺なんて最低の事をやっている馬鹿な奴らが・・。

未来堂ミナガワは、【どんな環境で仕事をしているのか?】 今回はこの質問にお答えします。日ノ出町・野毛というとどうしても昔からある繁華街のイメージがありますが、未来堂の事務所は横浜中央図書館隣接、【野毛坂】信号の角にあるので、繁華街からは少し離れています。毎日の仕事や、趣味、最近読んでいる本等ちょっと紹介します。
家族信託というのは、痴ほう症になってしまった親の財産を親のために使う事が出来る素晴らしい制度です。信託受託者である子は、親が住んでいた住宅を処分し、親が快適な介護を受けられるよう必要な金銭を支払う事が出来るんです。しかーし、世の金融機関はこの家族信託登記がしてある不動産を毛嫌いしているようです。とにかく、つじつまが合わなすぎなんです。

信託口口座って知ってますか?これは、親が認知症などになって自分で自分のためにかかるお金を引き出す事が出来なくなるのを防ぐため、信託財産の管理などを子に委託するための銀行口座なんです。 さて、この読み方は【シンタクグチ】と読むのが普通ですが、振込の際には金融機関に【シンタクグチ】なのか【クチ】なのか確認しなくてはならないのです。
子供たちの夏休み期間が少ない為、遠方への旅行は減少する。なんといっても自宅が一番安全。在宅勤務や、勉強などで自分の部屋や、仕事専用の部屋が必要になる。家族で家にいることが多くなり、住宅について家族で話し合いをする時間ができる。住宅ローン金利は空前の低金利を継続してますし、住宅資金贈与や、ローン控除など【購入者に有利】な状況は変わっていません。ならば、今年は例年の夏とは違って【住宅が売れる8月】になって欲しい!

さらに表示する