不動産のわからないを解決

不動産を売る。なんて、一生に1,2度あるかないかですから、詳しい人はほとんどいません。その為、不動産の売買に詳しい【不動産屋】という商売が成り立っています。しかし、不動産業界の実態はというと【売上至上主義】の会社が結構多いんです。もちろん企業として売上が大事なのは当たり前なんですが、【信義誠実を旨とする】という言葉を忘れている会社や、営業マンが多いんです。何とかしたいんですが、何とかなっていません。ほんと、AIと仕事したほうがいいんじゃないか。と思う今日この頃です。
一生に一度あるか無いかの【不動産売却】で、絶対失敗なんてしたくはないですよね。大手不動産会社に頼むのが良いとは言えません。とにかくNETで検索して、その地域で信頼できる不動産会社を探しましょう。大手の中にもはずれはたくさんありますので、注意してください。

不動産会社社員が不動産投資で失敗しているケースは少ないです。それは、不動産取引や相場には詳しいので、投資に向いている物件かそうでないかを自分で判断できる人が多いからです。相談できる優秀な社員も周りにたくさんいますからね。 まあ、「餅は餅屋、蛇の道は蛇」ということなんでしょう。同じ事は金融機関や証券会社、保険会社、美術商などにも言えます。自分の知らないフィールドでいきなり投資や副業するのは無謀です。やるならしっかり知識を得てからやりましょう。
住宅ローンは絶対に滞納してはいけません。「1回や2回ならいいでしょ。」なんて声が聞こえてきそうですが、住宅ローンは口座引き落としですから、これが支払えないという時点でもうかなり苦しい状況になっているんです。 今回は、他のローンや固定資産税は滞納しても、住宅ローンはちゃんと支払っていた事で、生活をうまく立て直す事が出来た例をお話しします。

横浜市内の中古ワンルームマンションは、基本的に売れるまで時間がかかります。売る場合空き家のままでも意外と売れるの知ってますか? 今回は、未来堂にたまに相談のあるワンルームの売り方について最新の事例を参考にしてお話しします。
家族信託というのは、痴ほう症になってしまった親の財産を親のために使う事が出来る素晴らしい制度です。信託受託者である子は、親が住んでいた住宅を処分し、親が快適な介護を受けられるよう必要な金銭を支払う事が出来るんです。しかーし、世の金融機関はこの家族信託登記がしてある不動産を毛嫌いしているようです。とにかく、つじつまが合わなすぎなんです。

私が未来堂を設立してもうじき4年になります。今回は起業したときに感じたこと、誰も教えてくれない事をブログにしました。世の中本当に【渡る世間は鬼ばかり】なんです。悪い奴らにカモにされないようにしましょうね。
コロナウィルスが猛威を振るっています。東京・神奈川でも【週末の外出自粛要請】が出て、街に出歩く人が日に日に少なくなっています。「こんな時に不動産は売れるんだろうか?」と心配になる人も多いかと思いますが、売れるものはちゃんと売れますのでご安心ください。当面は外出自粛の影響で、売れる物件数は少なくなりますが、不動産を買う人がゼロになることはありません。

金額が大きいからと言って、いつまでも問題を先延ばしにしていませんか?無駄な不動産をいつまで持っているんでしょうか? せっかくいい物件があるのに何で買わないんでしょうか?特にマイホームの場合は金利が安い今の時代は本当に買い時なんです。私が30年位前に借入したメガバンクの住宅ローンは6%位でしたから、0.6%の現在は信じられないほど安い金利です。さらに、マイホームの場合、数年後価格が下がってもすぐに売るわけではないですからダメージはありませんよね。 解っていただけたらすぐに買いです。 売る場合は、1日でも早く売るためのアクションを起こしてください。時間を無駄にしてはいけませんよ!
2019年は、不動産売買で悪い奴らに騙されてしまった人が多かったんじゃないでしょうか。シェアハウスや、空室の多い新築アパートを多額の借金で買わされたり、銀行とグルになって過剰な金額を貸し付けたりして、もう目に余ります。

さらに表示する