2020年5月横浜で売れてる不動産

 

コロナ禍とはいえ、横浜市内の住宅

 

いい物件は売れています。

 

5月に売れた横浜市内の中古マンションは、

5月1日~19日の間に40件契約になっています。

※下記は東日本レインズによる情報で

 40㎡以上の居住用マンションの契約件数です。

 

 

2020年1月 293件

   2月 373件

   3月 330件

   4月 138件

   5月  40件(5月19日まで)

 

4月から契約件数は前月の半分以下になっていて、5月はさらに少なくなりそうですが悪い話ばかりではありません。

 

最近は緊急事態宣言の一部解除の影響もあり、

 

【不動産を買う人】の動きが活発になってきました。

 

居住用中古住宅を購入する人にとって、今は、

 

価格・税制・ローン金利が非常に有利だからです。

 

緊急事態宣言が延長されようが何だろうが、買う人に

とって有利な状況は変わってはいないのです。

 

 

 

契約件数は多くはないですが、こういう時期に物件を探す人はとにかく購入意欲が強いので、実は契約になりやすいんです。

 

これから売りに出す人にとってはチャンスです。

 

【居住中物件】でもちゃんと売れていますよ。

相談は24時間受付のメール相談からどうぞ

 

 

未来堂で専任で受けている港北区のマンションも、先日申込が入りまして月末には契約になりますし、他の不動産業者も案内や、購入申込が増えて来た。と言っていました。

 

もちろん、こういう話は一部の不動産業者です。

 

大手仲介業者さんは、

5月末までは、店舗自体を開けない。

テレワーク中心。

という所が多いですから、あまり忙しくは無いかもしれません。

 

 

 

 

 

あなたの不動産を売る為に。

 

未来堂は、両手契約を目標にはしていません。

 

その為いわゆる【囲い込み】は一切しません。

 

 

多くの人に購入を検討してもらったほうが、

早く、いい条件で売ることができますからね。

それが、売主さんの利益につながる事なんです。

 

未来堂の不動産販売方法は、他社さんとは違います

 

◆東日本レインズに早く掲載する。

 (1日でも早く、情報を公開すれば早く決まる。)

 

◆空き家の場合、鍵は必ず現地においておく。

(鍵は現地にあったほうが、業者さんが案内しやすいので。)

以前大手仲介業者さんの専任物件を案内したんですが、まず、鍵を事務所まで取りに行って、お客様の年収、自己資金、購入動機、居住エリアなど詳しく記入して鍵を借り、また事務所に返しに行きました。これって、案内する側は結構大変で「手間がかかるからできれば案内したくない」

と思いました。

 

 

◆売却理由・リフォーム箇所詳細など買主が気になる点を

 案内前にメールで業者さんに伝えます。

(こうすれば、業者さんが購入検討顧客に説明しやすいので。)

 

◆登記情報・評価証明・重要事項説明書はすぐにメールします。

(この辺の資料があれば、検討顧客の資金繰りがすぐに出来るので。)

 

◆お客様や、業者さんとのやりとりはメールが主です。

(電話のみでは、勘違い・聞き間違えてしまう場合がありますのでそれを回避するため、後で確認が出来るようにメールを主としてます。)

 

◆販売報告もメールで行います。

(簡単にわかりやすく、その期間にあった出来事を報告します。また、近隣の売却事例や、新規売出物件の情報も図面を添付して報告します。)

 

◆問合せをしてくれた、仲介業者や購入検討者さんには丁寧に事実を伝えます。

(※ほかに検討している人がいるか、いないか等)

 

※いくら丁寧に接しても、案内後【何の連絡もない】業者さんが80%位おります。メール1行でも案内結果をお知らせいただけるようになればいいな。と思っています。

 

もっと簡単に「だめでした。」と言えるようなやり方をこちらで考えなければいけませんね。

若手営業さんたちは、物件を案内しても結果なんて伝えないのが常識になっているんでしょうが、そんなの絶対おかしいと思います。

 

案内してくれた営業さんのストレス

にならない方法を何か考えますね。

 

未来堂 ミナガワ