不動産は、どうやって売ればいい?

 

たとえば、土地やマンションを売りたい時

 

今売るといくらになるのか、1か月前はいくらだったのか?

 

どうやって調べたらいいんでしょうか?

 

 

答えはこうです。

 

 

一般個人には、調べる方法はありません。

 

現在、WEB等で売りに出ている物件であれば、個人でもいくらで売りに出しているか知る事は出来ますが、いくらで売れたのかは調べる事は出来ません。

 

不動産は個人や企業が所有している為、その売却価格や、購入価格は公表されてはいないのです。

 

 

 

その為、あなたが所有している不動産の価格は、売りに出した時点ではまだ決まっていないのです。

 

売れる価格を知るには【不動産の売却を得意としている会社】に、今売れそうな価格を調べてもらい、その価格に5%位上乗せして売出す事です。

【契約するまでいくらで売れるかはわからない】のが不動産の価格なんです。

 

 

現在横浜市内の土地、マンションは上昇期ではありませんので、売出しても必ず価格交渉があります。

 

売りに出す時は、価格交渉による値下げ分を考慮して、少しだけ高く売りに出した方が良いんです。

 

 

売れそうな価格が、3000万円の不動産があるとしましょう。

 

損をしない売り方は、5%の150万円を上乗せした3150万円で売りに出す事です。

 

3150万円で売りに出しておいて、3000万で買いたいから、値引きをして欲しい。

 

という買主が現れたら、契約するようにした方が良いのです。

 

 

 

※価格上昇局面では、値引き幅は小さくなり、価格交渉なしで売れる事が多くなります。

 

 

 

不動産は株や為替と違い、売値は自由だが・・

 

為替や株なら、今売ったらいくらになるかは誰でも解ります。

 

株や為替は、現在の価格が誰でも解るようになっていますから、今売るか売らないかの判断がしやすくなります。

株や為替は、保有しているだけでは維持費用はかかりません。

不動産の場合は、不動産取得税、固定資産税、登録免許税等がかかりますし、とにかく個人では解らない事が多すぎるんです。

 

 

解らない事を挙げていきますと、

 

1.そもそもいくらで売れるのか。

2.売った場合の税金(かからない場合もあります)

3.売るのにかかる時間

4.現状で、売れるのか

5.売る為には何を解決しなければいけないのか

 

など、一般個人では解らない事が多いのです。

 

その為、不動産を売る時には、知識と経験のある不動産のプロに任せる事が大事なんです。

 

 

 

不動産の売却価格が決まっていないからと言って、相場からかけ離れた高値で売ろうとしても当然売れません。

 

買主は、相場よりかなり高い不動産はまず買いません。

 

それなのに不動産を売る事に慣れていない不動産屋は、安易に売れない高値で売りに出します。

不動産の買主は、不動産売買が得意な仲介業者に物件を探してもらいますが、買主側の仲介業者は、相場よりかなり高い物件は「これはたかすぎるから買わない方が良いですよ。」と買主に伝えます。高いものを嘘をついて進める訳にはいきませんから。

 

このように、高い物件は買主に勧めません。

その結果、高すぎる物件は売れなくなってしまうのです。

 

 

不動産の相場は、不動産業者が、過去の成約情報と、現在売りに出ている売り情報を基に簡単に調べる事が出来ます。

 

しかし、同じエリアの物件でも、道路からの高低差が大きな土地の場合は相場よりかなりの割引が必要になります。

 

たとえば、道路から3Mの高さがある古い擁壁があり、その土地に住宅を建設する場合、古い擁壁を撤去し、新たに新設しなければならない。という土地があったとします。そして、この擁壁工事の費用が、1500万とします。

※高いと思うかも知れませんが、擁壁工事は2Mを超えると価格が跳ね上がるんです。

 

 

このような土地は、相場より1500万は安くなければ売れません。

 

当然ですよね。

 

買う方からしてみれば、他の土地より1500万も余計な費用がかかるんですから。

 

近くの平坦地が3000万で売れていたとしても、1500万の価値しかない土地もあるのです。

 

 

この辺が不動産の難しい所かも知れません!

 

 

 

 最近のミナガワです。少し太りました( ;∀;)

 

 ↓残念!

査定が高いとか安いとか・・・意味無いです。

 

売却が得意な不動産会社であれば、その物件がいくら位で売れそうかは、すぐに解ります。

 

過去の成約情報や、現在の売り情報を入手し、実際の物件が「売れる状態なのか」を調べるだけですから、不動産屋にとってそんなに時間がかかる事ではありません。

場所も、グーグルで見れば大体のイメージはつかめますので。

 

先日査定したケースでは、所有者と初めてお会いした時には既に「査定報告書」を渡しています。

 

 

物件を見てから、書類を作成して価格を伝えるなんて、大袈裟ですし遅いですよ。

 

 

 

私は、大体いくらで売れそうか。

という金額は1日も早く売主さんに伝えた方が良いと思っています。

 

成約データはどこの会社でも同じものを入手できますので、本来はどの会社でも同じような価格が、査定価格になります。

 

 

全部読んだら、1時間くらいかかる分厚い査定報告書なんて、意味ないんです。

 

まあ、査定報告書の担当名の横にある上司の㊞も意味ないですね。

 

時間をかけて立派な査定報告書を作るより、1日も早くエントリー(売りに出す)した方が早く売れるんですから。

 

 

 

「うちは高く売ります!」なんて言うのは、もう嘘ですね。

 

信用しないでくださいよ。根拠がないんですから。

 

3か月で売れなかったら、直ぐに音を上げて

 

「値下げしましょう」なんて言ってきますから。

注意してください。

 

 

 

未来堂は不動産売却を得意としている会社です。

 

横浜だけでなく、川崎、横須賀、都内や埼玉県の物件も調べています。

 

仲介での売却や、自社買取も行っております。

 

また、オーナーチェンジ物件も買取しておりますので

 

お気軽にご相談ください。

 

 

未来堂に不動産売却相談をする。

 

未来堂に不動産買取相談をする。

(買取の場合、仲介手数料はかかりません)

 

TEL 045-662-7011

 

※担当は みながわ です。

 みながわのプロフィールに移動します。

 ぜひご覧ください。

 自慢ではありませんが、不動産売買の実務経験は、 30年以上ございます。