· 

元祖【鉄の女】って知ってますか?

やっぱり。G1大阪杯も内枠同士の決着!

 

先週に引き続き、また内枠同士の決着となりました。

 

今週末には桜花賞がありますが、このパターンは果たして続くのでしょうか?

 

内枠とは、1~4枠まで、色で言うと白、の枠の事を言います。

 

馬番の場合、だいたい1~8までの8頭になります。

 

今回の大阪杯は、先週に引き続き1着3番、2着6番、3着2番という内枠同士で決まり、3連単は900倍(100円が2分後に9万円になります。)でした。

 

 

 

 

4番エポカドーロが失速!! そんなバカな?

 

大阪杯の私の狙い目は、内枠に入った4番エポカドーロの2,3着でした。

 

3冠馬で、凱旋門賞2年連続2着という最高の実績を持つ名馬オルフェーブルの仔がエポカです。

 

エポカドーロは、黄金の時代という意味のイタリア語ですから、期待されていたんでしょう。

その期待通り皐月賞を勝ち、ダービーでも鼻差の2着という華々しい実績があります。

 

年明けの初戦は休み明けの為、ゴール前の粘りがなかったんですが、今回は調教の調子も良く

4番という絶好の内枠を引いたので、2,3着の軸にしました。

 

レースは予想通りに、エポカが先頭で逃げる形になり、最終コーナーから最後の直線を迎えました。

 

ここまでは完全に読み通りでした。

 

しかし、あと100M位のところで突然【失速】しました。

 

結果は、10着。最後に9頭に抜かれてしまったのです。

 

翌日確認したところ、鼻出血があったらしいのです。

 

考えてみれば、昨年の神戸新聞杯や、前々走の中山記念もゴール前100Mあたりからの粘りがなかったように思います。

 

皐月賞、ダービーで激走しすぎたんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

アーモンドアイは、休み明けでいつも1着!これが今のトレンドなのか?

 

競馬好きなら誰でも知っている4歳牝馬アーモンドアイは、1戦してはゆっくり休み、次の勝負の準備をします。

 

普通は、目標レースの前に1戦入れるんですが、アーモンドアイはいつもいきなり本番です。

 

そして強豪牡馬をも一蹴し、ジャパンカップのレースレコードをたたき出してしまうのです。

 

今までのレースレコードは2分22秒台でしたが、昨年アーモンドアイが出したレコードは

 

2分20秒台です。ペースが速かったとは言え驚愕のレコードです。

 

先日のドバイでも1着だったので、あとは凱旋門賞で日本競馬ファンの長年の夢をかなえて欲しいものです。

 

昔とは違い、しっかり休んで能力の100%を出させるのが、これからの主流になるんでしょう。

 

 

 

 

 

日本競馬界には【元祖・鉄の女】がいたんです。

 

昔、安田記念~宝塚記念を連続2着した元祖【鉄の女】

 

イクノディクタスのような女傑はもう出て来ないんでしょうか?

 

宝塚では、メジロマックイーンをもう少しで差し切るような、最上のパフォーマンスを見せてくれたんです。

 

解説者も思わず「また、イクノディクタス!」と叫んでいました。

 

※イクノディクタスにはこの2戦で、かなり儲けさせてもらいました。

 未だに一番好きな馬なんです。小柄で栗毛、足は短めでがっしりしています。

 今年2月に逝去し、32年の生涯を全うしました。

 連戦はありましたが、競走馬になってから一度も故障していません。

 

牝馬のスイープトウショウも、安田記念2着~宝塚記念に出走し1着になりました。

 

解説者に「この牝馬は強い!」と言わせた程の強さでした。

 

 

安田記念と宝塚記念は6月~7月上旬に開催されるG1レースですが、東京1600Mと、阪神2200Mですから、コース形態、距離共に全く違うレースなんです。

 

昔の馬はすごい! 本当に感動させてくれました。

 

 

時代は変わっても、また近いうちに安田、宝塚を連戦する最強牝馬が出てくることを私は期待してます。

 

だって、その方が絶対感動するし、面白いですよ! そう思いませんか。

 

連戦の牝馬が、休養十分の一番人気をズバッと差し切る場面を見たいです。

 

 

ぜひ、コメントをお願いします。